「オーディションで緊張をしないためにはどうしたらいいですか?」
という相談をよく受けます。
いくら緊張をしないように頑張っても、そう思えば思うほど緊張はしてしまいますよね。
特にオーディションでは「審査されている」という意識から撮影に比べ何倍ものプレッシャーを感じてしまいます。

何故、緊張してしまうのでしょうか。
緊張というのは、「認められたい、成功したい」気持ちの表れだと思うのです。
だからこそ「失敗したくない、自信がない、どう思われるか不安」な気持ちが沸き上がり、結果として緊張してしまうのです。

それでは、緊張しないようにすることは可能なのでしょうか。
答えはNOだと思います。成功したいと思う限りは。
中には根っからの強心臓の持ち主で、どんな状況でも緊張しない人もいますが、
実はプロの俳優でも、ミュージシャンでも、スポーツ選手でも、みなさん緊張はしているのです。
違いは一つ。プロの方々は、緊張を上手く集中に変えているのです。

まずは「緊張しちゃダメ」という思考から「緊張してもいいんだ」という思考に変えて、緊張している自分を認めてあげてください。