例えばオーディション時に、人数が奇数の時にもう一度指名される場合があります。
印象に残っているからだと思います。
それとは逆に、誰かもう一度協力してくださる人いますか?と問いかけられた場合、迷わず手を上げられる強さが大切です。
物怖じしていてはチャンスを逃します。
失敗する恐怖に負けず、チャレンジする強い気持ちを保ってください。
これはオーディションに限らず、事務所のレッスンやコミュニケーションなどでも一緒ですね。
「前に出る強さ」はマネージャーや審査員に強く期待させることができます。
結果としてチャンスを引き寄せることができるのです。