オーディションでは「誰を落とすか」ではなく、「誰と一緒に仕事をしたいか」というポジティブな視点で選抜します。落ちる事に不安になりすぎず、「一緒に仕事をしたい」と思わせられる人柄と対応を。
同じくらいの技術ならば、人柄と対応で最後に選んでもらえる可能性も大いにあります。
オーディションの時だけ人に良い印象を与えようと思っても、ボロが出てしまいます。
日常から周りの人々に応援してもらえる魅力を育んでください。