人間観察も大事なトレーニングです
お笑い芸人さんで俳優業もやられている方は昨今多いですよね。
お笑いと俳優とでは必要な能力で似ているものがあります。
それは「模倣すること」です。
演技とは人を模倣することが基本です。
人は、自分も含めています。
日常で他人を、自分をよく観察してください。
ここでポイントになるのは、見た目だけを真似してはいけないということです。
 
例えば人に何かを言われてカッとした時があるとしましょう。
後でその時の自分を思い出してみます。
カッとした時の動作だけでなく感情やその時の自分の身体の状態。
どんなところに力が入っていた?心臓はどんな鼓動?手に汗はかいていた?細部まで思い出します。
例えば列に並んでいる時に横入りしている人を見ました。
入られた人はどんな態度でしたか?どんな動作をしましたか?表情は?感情は?
また、横入りしている人の行動は?態度は?感情は?
 
心構え一つであなたの日常全てが、俳優にとってのトレーニングの場になります。
身体と心に記憶させるためにも、何度か繰り返し思い出してみることが大事です。
そのために気が付いた時にメモをとる(思い出すためのきっかけを取っておく)ことも有効です。
思い出す作業ができたら、今度はそれができるか試してみてください。
そのような小さい作業が後々大きな力になります。