俳優にとって身体は楽器です
 
身体づくりには何があるでしょう。
一番簡単に思いつくのは発声・滑舌でしょうか。
発声・滑舌と聞くと、中には「それって舞台の技術じゃない?」と思う人もいるかもしれません。
実はそれは勘違いです。
例え映像であっても、明瞭な言葉と十分な声量は必要です。
声を鍛えている人とそうでない人の違いは、意外と小さい声を出す時の方が明確にわかります。
声を鍛えていない人が小さい声で話そうとすると「声」そのもののパワーも意識も声量と一緒に落ちてしまいますが、声を鍛えていると例え小さい声で話してもクリアに声が聞こえますし、感情もしっかり声に乗ります。
映像はマイクをつけてもらえるから大丈夫だろうと思っていても、小さな音を拾おうと思えば思うほど、雑音も一緒に拾ってしまうんですね。その分編集も大変です。
だから映像メインでお仕事をするにしても、舞台俳優ほどはしなくても良いかもしれませんがトレーニングは必要です。
声や滑舌の強弱で人の強さも表現できますから、「弱」しか持ち合わせていないのは演技の幅を狭めることにもなりますね。
全ての基本である腹式呼吸は、緊張時に心を静める手段にもなりますから、まずはしっかり身につけましょう。