相手はどんな人を望んでいるか、でき得る限り理解しようとすること。
 
例えば、お茶のCMのオーディションに呼ばれました。
お茶のCMに起用される人ってどんな人でしょう。
過去のお茶のCMをネットで検索してみても良いかもしれません。
思いつく限りのイメージで言うと、清潔感・爽やかさ・笑顔が魅力的・白などなど。
そう考えると、暗い印象に見えてしまう色の洋服は着ていかない方がいいかもしれません。
 
例えばコミカルな作品を多く制作している監督作品のオーディションに行った時にはシリアスな演技をするよりは少しデフォルメした演技の方が監督作品にフィットするかもしれません。
 
不良役で呼ばれれば、どちらかというと白いシャツよりは黒いTシャツの方が相手のイメージが沸きやすいかもしれません。
(やりすぎは注意が必要です)
 
このように、オーディションに行く前からできる努力はあります。