経験を積むに伴い、芝居を観るセンスというのも求められます。
観るセンスの良し悪しで、芝居の良し悪しが変わってきます。
逆に、芝居のセンスがある人は、芝居を観るセンスもある方が多いです。

 

どの作品が良いと思うかは価値観なので人によって違いますが、どんな作品でも、観ていて気づく視点が多い人は成長しやすいです。
1つの芝居を観て、3箇所気づく人と、10箇所気づく人とでは大きく差が出ます。

 

映画やドラマではプロの芝居をいくらでも観ることが出来ます。
間(ま)、空気、感覚、反応、台詞、行動、人間味
何故この俳優が売れているのか
自分はどんな俳優がいる中でどこのポジションのどこのジャンルに属するのか
そしてどこを狙っていくのか

 

観て研究してください。その積み重ねが差になっていきます。