「オーディションで緊張をしないためにはどうしたらいいですか?」

という相談をよく受けます。

いくら緊張をしない様に頑張っても、そう思えば思うほど緊張はしてしまいますよね。

 

撮影は大丈夫だけど、オーディションでは緊張してしまうというタレントも多くいます。

オーディションでは「審査されている」という意識から撮影に比べ何倍ものプレッシャーを感じてしまうのだと思います。

 

しかし、オーディションには、合否があります。

「緊張で実力を発揮できなかった」では、言い訳にはなりません。

 

コツとしては「緊張をしない」のではなく、「緊張をしてもいいけど見せない」こと。

 

分かりやすく説明すると、俳優のように芝居をするということです。

芝居では、楽しくても泣いたり、落ち込んでいても笑顔で元気な役になったりしますよね。

それと同じ様に、緊張をしていても、緊張をみせないようにしてください。

 

どれだけベテランのタレントであっても緊張はするものです。

 

とあるオーディションに行った時、

審査終わった後、緊張が全く見えなかったタレントから

「心臓が飛び出るかと思いました」

と言われた事があります。

この時、この「緊張を見せない」ということもタレントとして必要な技術の一つだと、改めて感じました。

 

 

一日二日で出来る事ではありませんが、時間をかけて少しずつ経験を積み重ねて変わっていきましょう。