監督というのは、作品のイメージや全体像にあわせて「ここは泣いて欲しい」「怒って欲しい」「テンションを上げて」「落として」と演出していきます。

 

簡単な言葉で演出されますが、その言葉のままに喜怒哀楽を表現すれば良いのではなく、なぜその感情になるのかを考えることが重要です。

その感情に行くまでの過程や要因を作っていくことが俳優の仕事で、「泣け」と言われて、泣く事だけに意識を向けるのではなく、その理由、関係性、涙がでてしまう事の根本から考えて感情表現ができる俳優であって欲しいです。